詰め物・被せ物
INLAY_CROWN

奥歯に適した素材

さいたま市浦和区の歯医者「たぼ歯科医院」では、詰め物・被せ物にセラミックや金属などさまざまな素材を取り扱っています。こちらでは、強い力がかかる奥歯に適したセラミック歯科素材をご紹介します。

詰め物

オールセラミック

オールセラミック

次世代のセラミックシステム「ニケイ酸リチウムガラスセラミック」を使用し、すべてセラミックでできた詰め物です。丈夫で透明感があるのが特徴であり、近年人気があります。

メリット デメリット
  • 自然な色調と透明感を得られ、審美性にもっとも優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 変色せず、自然な光沢感が続く
  • 汚れがつきづらい
  • 金属に比べると強度が劣る
見た目 ★★★★★ 耐久性 ★★★★★
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

プラスチックとセラミックを組み合わせて作られた詰め物です。柔軟性があるため歯になじみます。適度な硬さであるため、奥歯で強く噛んでも噛み合う歯を傷つけることがありません。

メリット デメリット
  • 保険のプラスチック歯科素材より強度に優れている
  • 柔軟性があるので歯になじみやすい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 長期間の使用により多少変色することがある
  • オールセラミックに比べると透明感がやや劣る
  • 金属に比べると耐久性がない
見た目 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★☆

被せ物

オールセラミック

オールセラミック

すべてセラミックでできた被せ物です。冠全体を次世代のセラミックシステム「ニケイ酸リチウムガラスセラミック」でプレスして製作するため、高い強度を誇ります。また、自然な色調で透明感もあります。

メリット デメリット
  • 自然な色調と透明感を得られ、審美性にもっとも優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 変色せず、光沢感が続く
  • 汚れがつきづらい
  • 歯の切削量が増える
  • 保険外になるので費用が高め
  • 天然歯より硬いため、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがある
見た目 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆
ゴールド

冠全体が金合金でできた被せ物です。生体親和性が高く、よくなじみます。ほどよい硬さであるため、噛み合う歯を傷つけません。色が気にならなければ、噛み合わせには最良の歯科素材です。

メリット デメリット
  • ほとんどの症例に適応できる
  • 適度な硬さで噛み合う歯を傷つけない
  • 2次的な虫歯のリスクが低い
  • 審美性が劣る
  • 保険外のため費用が高め
  • 見た目が非常に目立つ
見た目 ★★☆☆☆ 耐久性 ★★★★★
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

金属キャップの上にプラスチックとセラミックを組み合わせて作られた素材を焼きつけた被せ物です。比較的リーズナブルに製作できます。

メリット デメリット
  • 保険のプラスチック歯科素材より強度に優れている
  • 柔軟性があるので歯になじみやすい
  • 長期間の使用により多少変色することがある
  • オールセラミックに比べると透明感がやや劣る
見た目 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★☆☆
メタルボンド

メタルボンド

金属キャップの上にセラミックを焼きつけた被せ物です。メタルボンドセラミックとも呼ばれます。多くの症例で適応できます。

メリット デメリット
  • 保険のプラスチック歯科素材より強度に優れている
  • 歯先には透明感がある
  • 変色しない
  • 昔からある治療方法であり、長い実績がある
  • 長期使用により境目が黒ずむことがある
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • セラミックが削れるリスクがある
  • 金属が透けるため、透明感は劣る
見た目 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★☆

前歯に適した素材

前歯は一番目立つ箇所のため、見た目が美しく周囲の歯になじむ色調や透明感のある歯科素材がおすすめです。さいたま市浦和区の歯医者「たぼ歯科医院」では、審美性と機能性を両立させた歯科素材を取り扱っています。こちらでは、前歯に適した歯科素材をご紹介します。

詰め物

コンポジットレジン

直接歯にレジンを盛って歯を修復する治療法です。割れや欠けのある歯を修復したり、歯の隙間が目立つ部分を埋めたりすることができます。レジンを少しずつ塗り重ねて修復するため、セラミック治療のように歯を大きく削る必要がありません。また、さまざまな色調のレジンを塗り重ねることで、天然歯のような自然な色調に仕上げることができます。

メリット デメリット
  • 保険のプラスチック歯科素材より強度・見た目に優れている
  • 自然な見た目で白さが長持ちする
  • 治療が短期間で済む
  • セラミック治療よりも歯を削る量が少なく済む
  • セラミック治療よりも安価
  • 修理が簡単
  • 適度な硬さで噛み合う歯を傷つけない
  • 時間が経っても変色しにくい
  • 欠損が大きい場合など適応できないことがある
  • 1回の治療にかかる時間が長くなることがある
  • 歯科医師の技量により仕上がりが左右される
  • 保険のプラスチック歯科素材よりも高価

被せ物

オールセラミック

オールセラミック

次世代のセラミックシステム「ニケイ酸リチウムガラスセラミック」を使用し、すべてセラミックでできた被せ物です。丈夫で透明感のある美しい見た目が特徴です。前歯の治療としてたいへん有効です。

メリット デメリット
  • 自然な色調と透明感を得られ、審美性にもっとも優れている
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 変色せず、自然な光沢感が続く
  • 汚れがつきづらい
  • 金属に比べると強度が劣る
  • ブリッジには不向き
  • ジルコニアと比較すると強度はやや劣る
見た目 ★★★★★ 耐久性 ★★★★☆
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

金属キャップの上にプラスチックとセラミックを組み合わせて作られた素材を焼きつけた被せ物です。比較的リーズナブルに製作できます。

メリット デメリット
  • 保険のプラスチック歯科素材より強度に優れている
  • 柔軟性があるので歯になじみやすい
  • ブリッジにも使用可能
  • 長期間の使用により多少変色することがある
  • オールセラミックに比べると透明感がやや劣る
見た目 ★★★☆☆ 耐久性 ★★★☆☆
メタルボンド

金属キャップの上にセラミックを焼きつけた被せ物です。メタルボンドセラミックとも呼ばれます。多くの症例で適応できます。

メリット デメリット
  • 保険のプラスチック歯科素材より強度に優れている
  • 歯先には透明感がある
  • 変色しづらい
  • 昔からある治療方法であり、長い実績がある
  • ブリッジにも使用可能
  • 長期間の使用により境目が黒ずむことがある
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • セラミックが削れるリスクがある
  • 金属が透けるため、透明感は劣る
見た目 ★★★★☆ 耐久性 ★★★★☆

白い歯に変える前に健やかで美しい口腔内環境を作るためには、まず歯の土台をしっかり整えることが重要です。

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る