軽度の虫歯から重度の虫歯まで
~一般歯科・根管治療~
CARIES

  • ホーム > 
  • 軽度の虫歯から重度の虫歯まで~一般歯科・根管治療~

歯が痛む時点で虫歯の症状は進行しています

歯が痛む時点で虫歯の症状は進行しています

「虫歯になっても治療すれば大丈夫」とお考えの方は多いようですが、虫歯は再発のリスクが高い病気です。治療をした箇所は虫歯にならないと思われるかもしれませんが、実は詰め物や被せ物と歯のわずかなスペースから再発するケースは珍しくありません。

  • 歯が痛む時点で虫歯の症状は進行しています
  • 歯が痛む時点で虫歯の症状は進行しています

※2次カリエスの該当歯

たぼ歯科医院は、虫歯の治療はもちろんですが、できるだけ初期の段階で発見し、最小限の治療で患者さんの負担を抑えたいと考えています。治療だけでなく、その後の予防にも力を入れていますので虫歯の疑いがある方、虫歯になりたくない方は一度当院までお越しください。

虫歯の早期発見・治療をオススメする理由
  • 痛くなる前に対処できる
  • 初期の段階であれば簡単な処置で済む
  • 治療のために何度も通院せずに済む
  • 治療費が安く済む
  • 治療期間が短くなる

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期の虫歯】
C0【ごく初期の虫歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質の虫歯】
C1【エナメル質の虫歯】
歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。
C2
【象牙質の虫歯】
C2【象牙質の虫歯】
エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達した虫歯】
C3【神経まで達した虫歯】
神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。また、必要に応じてラバーダム(※)を使用します。
※ラバーダム・・・歯全体をゴム製のシートで覆い、虫歯菌が感染した歯だけを露出させる器具です。これにより他の歯への虫歯菌の感染を防げます
C4
【歯根まで達した虫歯】
C4【歯根まで達した虫歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

神経まで達した虫歯について~根管治療~

神経まで達した虫歯について~根管治療~

虫歯菌が神経まで達した場合は抜歯が必要になるケースもありますが、根管治療によって歯を残せる可能性が高くなります。

根管とは歯の内部にあり、中には神経や血管が入っています。虫歯が進行して虫歯菌がこの根管まで達すると歯の神経や血管が汚染し、やがて歯が機能しなくなり、抜歯せざるを得なくなってしまいます。そこで抜歯を回避するために行うのが、根管治療です。虫歯に汚染された神経などを除去し、内部を洗浄・消毒して薬剤を詰めることで、歯を残すことができるのです。

根管治療が必要なケース

虫歯菌が神経まで達すると、以下のような症状があらわれます。思い当たる場合は根管治療を検討したほうがよいかもしれません。

何もしていなくても歯が痛む 歯ぐきを押すと痛む
冷たい物や甘い物がしみる 歯を咬みしめると痛む

根管治療は中断せずに完治させましょう

根管治療は中断せずに完治させましょう

根管治療では、いかにして根管内から確実に虫歯菌を取り除くかがポイントとなります。しかし、根管は細くて複雑な構造をしており、100%虫歯菌を取り除くことは容易ではありません。1回の治療でうまくいけばいいのですが、確実に治して再発を防ぐには数回にわたって通院して検査を行う必要があります。

根管治療は中断せずに完治させましょう

何度も通院するとなると、「もう痛くないから」という理由で治療を投げ出してしまう方もいらっしゃいますが、結果的に虫歯の再発につながってしまいます。根管治療が必要な状態は、抜歯になるかどうかの瀬戸際ですので、治療を中断せず、最後までしっかり治療をお受けいただきたいと思います。患者さんの貴重な時間をいただくことにはなりますが、当院では最善を尽くしますのでどうぞご協力をお願いします。

歯科用マイクロスコープ

根管治療は中断せずに完治させましょう

歯科用マイクロスコープは、もともとは眼科や脳神経外科で使用されていたものを歯科用にしたものです。当院ではカールツァイス社のマイクロスコープを導入しています。
口腔内は暗く狭いため、肉眼では細部まで見ることができません。
歯科用マイクロスコープは肉眼の21.2倍まで拡大し、治療することができ、光が深いところまで届くため通常よりもより確実で精度の高い治療を行うことができます。日本の歯科でのマイクロスコープ普及率はまだ5%もありません。
マイクロスコープのメリットとしては、しっかりと視て診療できるため余分な歯を削る事がありません。また盲目的に行っていた治療を確実な視野を確保して行う事ができます。
これにより虫歯の治療、歯の神経の治療、歯周病治療、被せ物の治療等が正確かつ確実に行う事ができその結果、歯の寿命を長く保つ事が可能になります。

治療期間を短縮できるニッケルチタンファイル「プロテーパーネクスト」

ニッケルチタンファイルとは歯の根っこの汚染された組織の除去を行う専門治療器具のことです。

プロテーパーネクスト01

プロテーパーネクスト02

ニッケルチタンファイルは従来のステンレスファイルに比べ非常にしなやかな特性を持ち、治療においては従来不可能であった曲がった歯の根の先端付近までの確実な根管治療を行うことが可能です。
また従来の根菅拡大治療には5~6回の治療回数がかかっていましたが1回での拡大が可能で治療期間が短縮されます。

日本での根管治療時のニッケルチタンファイルの普及率は、20%程度(アメリカでは、ほぼ100%)ですが、当院では精密根管治療を行うため不可欠なものと考え、導入しております。

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿

ラバーダムとは歯の根の治療を行うときに使用する道具です。

歯の根の治療というのはとても複雑で困難な治療になります。

歯の根の治療の成功率が悪い理由の一つとして、唾液が関係します。
唾液中には多くの細菌が存在し、治療部位の根の中に唾液が入る事によって細菌の感染を起こし、治療を長引かせ再度根の治療が必要になり治療の成功率が下がります。

ラバーダム防湿


ラバーダム防湿は歯にゴムのシートをかけることにより、歯の根の治療部位への唾液の侵入を防ぎます。

また、ラバーダム防湿の他の利点は歯の根の治療に使う先の鋭い器具の口腔内への落下を防ぎ、殺菌作用の高い薬剤が漏れないよう安全に使用することもできます。

これらにより、治療の精確性の向上、歯の根の治療の成功率をあげることが可能になります。

多保院長よりメッセージ

多保院長よりメッセージ

当院では、根管治療にあたって適応症であればニッケルチタンファイルという器具を使用します。ニッケルチタンファイルという器具はしなやかさがあり、曲がりくねった根管内に対して沿わせるカタチで挿入でき、虫歯菌に汚染された神経や血管などを根管の先までしっかり取り除くことができます。

根管治療は一般的に、5~6回の通院が必要ですが、ニッケルチタンファイルを使うことで、1~2回に短縮できます。虫歯を早く治したい方、他院で治療を繰り返している方は一度ご相談ください。

虫歯にならないためには日々の予防メンテナンスが重要です。予防についてくわしくはこちらをご覧ください。

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る