一生涯のメンテナンス
MAINTENANCE

  • ホーム > 
  • 一生涯のメンテナンス

悪いところだけでなくお口全体を診させていただきます

悪いところだけでなくお口全体を診させていただきます

たぼ歯科医院では、「包括的な治療」をテーマに掲げて診療にあたっています。包括的な治療とは、患部だけを診るのではなく、お口全体をふまえて行う治療のことです。たとえば、歯周病になったときに、患者さんが症状を訴えられた箇所だけしか検査をせずに治療をしても他の場所がすでに歯周病になっている可能性も考えられます。

歯周病治療はお口の中全体の診査が必要です。一箇所だけを治療しても、他に歯周病菌が残っていれば別の場所が歯周病になってしまいます。また、たとえば被せ物を入れるときに土台である歯ぐきが歯周病になっていた場合は、良い型がとれません。歯周病にかかった歯ぐきに被せ物をつけるのは、沼地に家を建てるようなものです。地盤を固めてきっちりとした土地に家を建てるのと同様に、健康な歯ぐきに対して被せ物を行うことが重要です。

包括的な治療を行えれば、患部を含めたお口全体に問題がないかをチェックすることで悪い部分を把握し、計画的な治療を行い、将来的なリスクも同時に取り除くことができます。

「歯は一生のもの」だから生涯にわたってのお口のメンテナンスが重要です

「歯は一生のもの」だから生涯にわたってのお口のメンテナンスが重要です

当院では「歯は一生のもの」と考え、生涯にわたってお口の健康を保つために、「診療後が診療のスタート」だと考えています。虫歯や歯周病が治ったときに、患者さんは「ああよかった、終わった」と思われるかもしれませんが、実はそこからがスタートなのです。

治療して健康な口腔内環境に整えること、これが私たち歯医者の役目だと考えています。いかにメンテナンスに入りやすい環境を作るか、環境を提供するのが私たちの仕事です。きちんとしたお口の環境を保ってもらうのは患者さんの仕事。ですから患者さんにはお口の健康を維持するために、メンテナンスの重要性をしっかりお伝えしています。当院では包括的な視点を持って、3ヶ月に1回メンテナンスにより虫歯や歯周病の再発の予防に努めています。早期発見すれば、お口の中の健康を維持できますので、ぜひ定期検診をご利用いただければと思います。

包括的な治療で根本的な問題を解決します

包括的歯科診療

包括的な治療に欠かせないのが、専門医との連携です。院長の多保は複数の専門医資格を持っていますが、専門外の治療をより確実に行うためにはスペシャリストのネットワークが必要不可欠だと考えています。

包括的な治療で根本的な問題を解決します

歯科医療といっても、虫歯・歯周病治療をはじめ、矯正歯科、審美治療、インプラント、口腔外科など、それぞれの分野に高い専門性が求められるため、ベストな治療を追求するには専門医の意見をふまえた治療計画を立てることが重要です。しかし、一般的な歯科医院では、院長の得意分野以外の治療は知識や技術も劣りがちでベストな治療を受けるのは困難であるのが現状です。

当院は、このような現状を受けて、あらゆる症例にできるかぎり最善の治療をご提供できるよう、専門医と連携してベストな治療を追求しています。

特定の症状だけを診るのではなく、その症状の原因をさまざまな角度から診査・診断を行い、根本的な解決へと導きます。患者様が望む治療のゴールを一緒に考え、二人三脚での診療にあたりますので、お口のことでお悩みの方は当院までお気軽にご相談ください。

予防処置についてはこちらでご説明しています。

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る