ホワイトニング
WHITENING

歯の黄ばみを解消するホワイトニング

「昔に比べて歯が白さを失っている」「口を開けたときの黄ばみが気になるようになった」など歯の着色に関して悩みを持たれている方は少なくないようです。タバコのヤニによる黄ばみ、色の濃い飲食物による黄ばみ、加齢による黄ばみでお悩みの方には、ホワイトニングをおすすめしています。

※画像をクリックすると拡大します。

※画像をクリックすると拡大します。

ホワイトニングとは、歯の表面に薬剤を塗布して歯を白くする処置です。下記のような原因による黄ばみや黒ずみなどはホワイトニングで白くきれいにすることができますので、ご興味のある方はさいたま市浦和区の歯医者「たぼ歯科医院」までご相談ください。

歯が黄ばむ原因の例

加齢 飲食物 タバコ
加齢によって歯の表面が薄くなり、歯の内側が黄ばんできます。内側の色が黄ばむことで、歯が黄色くなったように見えます。 赤ワインやコーヒー、カレーなど色の濃い飲食物をよく召し上がる方は、着色しやすくなります。 喫煙される方はタバコのヤニによって、歯が黄ばんでいきます。

ホームホワイトニングについて

ホームホワイトニングについて

歯科医院で製作した患者さん専用のマウストレーに低濃度の薬剤を注入し、一定時間装着することで歯を白くしていきます。お好きな時間にご自分で行っていただけるのが特徴です。

メリット デメリット
  • 自宅でご自分のペースで処置ができる
  • 白さが長持ちする
  • 自分で色調を調整できる
  • 効果が出るまでに時間がかかる
【ホワイトニングの注意点】
  • ホワイトニングを受けた後は歯に色がつきやすいので、色の濃い飲食物は避けてください
  • 詰め物・被せ物などの人工物はホワイトニングで白くすることができません
  • 虫歯や歯周病がある場合には、先に治療が必要です
  • 妊娠中や授乳中の方は、ホワイトニングをお受けいただけません

ホワイトニングの流れ

Step01カウンセリング
カウンセリングホワイトニングの処置を行う前に当院では、患者様とのカウンセリングの時間を設けています。一人ひとりの患者様にあったホワイトニングをご提案するために、じっくりお話を聞かせてもらいます。カウンセリングの結果、ホワイトニングを利用しないと判断されても相談料をいただくことはありません。その場合は、軽度のタバコや飲食での着色を落とせるPMTCやエアーフローをおすすめさせていただくケースもあります。
Step02口腔内検査
口腔内検査ホワイトニングの処置は特殊な薬剤を使用するため、あらかじめお口の健康状態を確認しておく必要があります。場合によってはホワイトニングの処置を行えないこともあるので、その点はご了承ください。万が一、口腔内疾患の可能性がある場合は、ご相談のうえでレントゲン撮影などのより入念な検査をさせていただくこともあります。口腔内に疾患が発見された場合は、ホワイトニングの処置を控え、まずは治療に専念していただきます。
Step03色味の確認
色味の確認口腔内検査で問題がなかった場合は、ホワイトニングの処置に移ります。その際に現在の歯の色を確認し、口腔内カメラで記録します。記録した画像を元にどれくらい歯を白くしたいかをご相談。希望の色味のサンプルを選んでいただいたら、その色味になるまでのプランをご提案します。プランに同意していただけたら、ホワイトニングの処置を開始します。
【ホワイトニングでなぜ歯が白くなる?】

ホワイトニング剤は過酸化水素や過酸化尿素を主成分としています。これらは高温になると酸素と水に分解され、発生した酸素が歯のエナメル質の色素と結びつくことで無色透明に。ほとんどが無機質で構成されているエナメル質にはわずかに有機質の部分を含んでおり、その有機質が白くなることで歯の見た目も白くなります。

ホワイトニングで魅力的な笑顔を手に入れましょう

ホワイトニングで魅力的な笑顔を手に入れましょう

人間の顔のパーツの中で、目元に次いでよく見られるのが口元です。そのため、口元の見た目を向上させることでその人自身の印象アップにつながります。特に笑った際に芸能人のような白くて美しい歯だったら、きっとその人のことを魅力的に感じるでしょう。

反対に着色汚れがあったり、黄ばみが目立ったりしたらイメージダウンは避けられません。相手に与える第一印象を良くするためにも、ホワイトニングによって着色や黄ばみをなくし、本来の色よりもさらに白く輝きのある歯へと改善しましょう。魅力的な笑顔を手に入れたいという方は、一度当院までご相談ください。

浦和駅東口より徒歩1分さいたま市浦和区の歯医者「たぼ歯科医院」のアクセスはこちら

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る