お母さん必見!小児予防の重要性
KIDS

  • ホーム > 
  • お母さん必見!小児予防の重要性

小さい頃のケアで将来の歯の健康が決まります

小さい頃のケアで将来の歯の健康が決まります

虫歯が少ない方、しっかりブラッシングができている方を、ときどきお見かけします。そういった方に共通しているのは、子どもの頃からケアをされてきたということです。裏を返せば、子どもの頃にケアが習慣づいていない方は虫歯が多い傾向にあります。

あまり知られていないようですが、実は乳歯は永久歯よりも虫歯になりやすいという事実があります。乳歯は歯質が弱く、虫歯菌が出す酸で溶けやすいのです。「乳歯は生え替わるから虫歯になっても大丈夫」とお考えの親御さんもいらっしゃるようですが、その考え方は間違いです。乳歯が虫歯になると、下から生えてくる永久歯に悪影響をおよぼします。

小さい頃のケアで将来の歯の健康が決まります

基本的に虫歯は細菌感染によるものです。乳歯の状態で虫歯を放っておくとお口の中には虫歯菌がいっぱい存在することになります。そこに永久歯が生えてくれば当然、永久歯にも虫歯菌は付着してしまいます。

小さい頃からしっかりケアをしていれば、大人になっても健康な歯でいられます。歯の健康について興味・関心が高いお子さんは少ないので、親御さんのフォローがお子さんの将来を決めてしまうのです。

虫歯を作らないための方法

1.虫歯になりにくいおやつを食べる

虫歯菌は食べかすのなかの糖分を栄養源にして、歯を溶かす酸を出します。そのため、糖分を多く含むおやつは虫歯になりやすいのです。あめ、チョコレート、キャラメル、グミなどは糖分が多いので、歯の健康をふまえるとあまりおすすめできません。おせんべいや、さつまいもなど、糖分が少なくよく噛んで食べるおやつがおすすめです。

2.ダラダラ食べさせない

おやつの時間を決めずに、長時間にわたっておやつを食べさせていませんか? ずっとだらだらと食べていると口腔内が酸性に傾き、虫歯になりやすい状態になります。だらだらと食べないように、おやつは時間を決めて与えるようにしましょう。

3.食べたあとはブラッシング

食後はできるだけ早いタイミングでブラッシングする習慣をつけましょう。食後30分以内がお勧めです。ブラッシングできない場合は、口ゆすぎだけでも効果があります。

仕上げみがきでフォローしてあげましょう

仕上げみがきでフォローしてあげましょう

少し大きくなるとお子さんは一人でブラッシングをするようになりますが、しっかりケアができている子はそう多くありません。お子さんがブラッシングした後には、親御さんの仕上げ磨きが不可欠です。話しかけたり、歌を歌ったりしながらできるだけ楽しい雰囲気をつくってフォローしてあげましょう。当院では、仕上げみがきの指導もしていますので、お気軽にご相談ください。

予防方法紹介

ブラッシング指導

ブラッシング指導

患者さんの歯並びや生え方のクセなどをふまえて、適切なブラッシング方法をレクチャーします。磨き残しが多い箇所がある場合には、磨き方を指導しますのでぜひご自宅でのブラッシングに役立ててください。

フッ素塗布

フッ素塗布

虫歯菌が出す酸への抵抗力を高めるフッ素を歯の表面に塗り、虫歯を予防する処置です。フッ素というと薬剤のイメージがあるかもしれませんが、果物などにも含まれる天然由来の成分ですのでどうぞご安心ください。

シーラント

シーラント

6歳ごろになると、六歳臼歯という奥歯が生えてきます。この歯は溝が深く汚れが溜まりやすいため、虫歯になりやすいと言われています。そこで、歯の溝に歯科用プラスチックを詰めて汚れや細菌が溜まりにくくするシーラントという処置を行います。

院内の様子やアクセス方法はこちらからご覧ください。

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る