白い歯で見た目と機能性の向上
~審美治療・ホワイトニング~
ESTHE

  • ホーム > 
  • 白い歯で見た目と機能性の向上~審美治療・ホワイトニング~

健康で自然な口元を実現しましょう

  • 健康で自然な口元を実現しましょう
  • 健康で自然な口元を実現しましょう

たぼ歯科医院では、審美治療において「ご自身の歯にいかに近づけるか」を追求しています。歯ぐきの色や形を考慮し、周囲の歯と遜色のない質感・見た目を再現することでとても自然に仕上がります。今口の中にある詰め物や被せ物の見た目が気になる方、またこれから治療を検討されている方は当院までお気軽にご相談ください。歯の機能の改善とあわせて、見た目も改善します。

PICK UP 口元にコンプレックスをお持ちの方へ

当院には、すきっ歯やガミースマイルなど、口元の見た目がコンプレックスになられている方の治療も行っています。歯ぐきや骨を増やしたり、唇の位置を変えたりする手術により、目に見えるかたちで見た目を改善することができます。口元でお悩みの方は一度ご相談ください。

  • PICK UP 口元にコンプレックスをお持ちの方へ
  • PICK UP 口元にコンプレックスをお持ちの方へ

さらに詳しい治療例はこちらをご覧ください。

保険と自費の歯の違い

  保険治療 自費治療
費用 健康保険がきくため安価 健康保険がきかないため、割高
使用する材質 歯科用プラスチック(レジン)
歯科用金属(パラジウム合金)
セラミックが主流(オールセラミックなど)
経年劣化 年数が経つと劣化する 劣化は少ない
色調の再現 不自然さを感じる場合もある 細かな色合いを再現できる
耐久性 摩耗しやすい、着色しやすい、金属が腐食しやすい 摩耗はしないが、衝撃で稀に欠けることがある

取り扱い素材紹介

オールセラミック
【詰め物】
【詰め物】
【被せ物】
【被せ物】
100%セラミックでできた歯科素材です。
メリット
  • 健康な歯に近い色調と透明感
  • 変色に強い
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 保険がきかないため、割高
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミック 「白い金属」と呼ばれ、美しさと丈夫さを兼ね備えた歯科素材です。
メリット
  • 健康な歯と同等の質感・透明感を再現できる
  • 変色に強い
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 歯を削る量がやや多い
  • 保険がきかないため、割高
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★★
メタルボンド
メタルボンド 金属にセラミックを焼き付けた被せ物用の歯科素材です。
メリット
  • 丈夫なので奥歯に向いている
  • 他の素材に比べて割れにくい
  • 費用が手頃
デメリット
  • ほかの素材より透明感がやや劣る
  • 金属アレルギーのリスクがある
  • 長年の使用で歯ぐきのキワが黒ずむことがある
  • 歯を削る量がやや多い
  • 保険がきかないため割高
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★★★
ハイブリッドセラミック
【詰め物】
【詰め物】
【被せ物】
【被せ物】
金属にセラミックとレジン(歯科用プラスチック)を混ぜ合わせた物をつけていく歯科素材です。
メリット
  • 健康な歯よりやや柔らかいため適度に摩耗し、周囲の歯を傷つけない
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • プラスチックが混ざっているため透明感がやや劣る
  • 長年の使用で多少変色する
  • 保険がきかないためやや割高
  • セラミックより物性が弱い
見た目 ★★★☆☆
耐久性 ★★★☆☆
ファイバーコア
ファイバーコア グラスファイバーでできた美しい白さを持つ歯の土台(コア)です。
メリット
  • 歯と同等のしなやかさがあり折れにくく、金属でできたコアに比べ歯根に無理な力が加わらない
  • 被せ物の白さを損ねない
  • 金属アレルギーのリスクがない
デメリット
  • 保険がきかないため割高
見た目 ★★★★★
耐久性 ★★★★☆
ラミネートベニア
  • ラミネートベニア
  • ラミネートベニア
前歯にセラミックでできた板を貼り付ける治療法です。
メリット
  • すきっ歯の改善に向いている
  • 歯の形を短期間で整えられる
  • 金属アレルギーのリスクがない
  • ホワイトニングで白くできない歯も白くなる
デメリット
  • 歯をひと回り削る必要がある
  • 保険がきかないため割高
見た目 ★★★★☆
耐久性 ★★★☆☆

歯の黄ばみを解消するホワイトニング

タバコのヤニによる黄ばみ、色の濃い飲食物による黄ばみ、加齢による黄ばみでお悩みの方には、ホワイトニングをおすすめしています。

※画像をクリックすると拡大します。

ホワイトニングは、薬剤を塗布して歯を白くする処置です。下記のような原因による黄ばみや黒ずみなどはホワイトニングで白くできますので、歯を白くしたい方はぜひご検討ください。

歯が黄ばむ原因の例

加齢 飲食物 タバコ
加齢によって歯の表面が薄くなり、歯の内側が黄ばんで気になるようになります。 赤ワイン・コーヒー、カレーなど色の濃い飲食物をよく召し上がる方は、歯が着色しやすくなります。 喫煙される方はタバコのヤニによって、歯が黄ばんでいきます。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニング
ホームホワイトニング
ホームホワイトニング
デュアルホワイトニング
デュアルホワイトニング
歯科医院で行う処置です。高濃度の薬剤を歯に塗り、特殊な光を当てて白くします。 歯科医院で作製したマウストレーに低濃度の薬剤を注入したものを、毎日一定時間装着し、白くします。 オフィスとホームを併用する方法です。

【メリット】

  • 短期間で白さを実感できる
  • 継続的に受けることで理想的な白さになる

【メリット】

  • 自宅で処置ができる
  • 白さが長持ちする
  • 自分で色調を調整できる

【メリット】

  • 短期間で白くでき、かつ白さが長持ちする

【デメリット】

  • 元の色に戻るのが早い
  • 痛みや知覚過敏がでることがある

【デメリット】

  • すぐに効果がでない

【デメリット】

  • 費用が高い
ホワイトニングの注意点
  • ホワイトニングを受けた後は歯に色が付きやすいので、色の濃い飲食物は避けてください
  • 詰め物・被せ物などの人工物はホワイトニングで白くすることができません。
  • 虫歯や歯周病がある場合には、先に治療が必要です。
  • 妊娠中や授乳中の方は、ホワイトニングをお受けいただけません。

当院へお越しの際はこちらからアクセスや診療時間をご確認ください。

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る