マウスピース矯正のデメリットとマウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

マウスピース矯正のデメリットとマウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

  • マウスピース矯正のデメリットとマウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

 

 

マウスピースは目立たずに矯正が行える治療方法として、メリットが多く、人気がある矯正治療ですがデメリットもあります。今回はワイヤー矯正とマウスピース矯正の違いとデメリットを紹介します。

 

・マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

歯を動かす作用は同じですが、見た目や適応症例が異なります。

 

マウスピース矯正

薄くて透明で弾力のある装置を歯全体に覆い、1日20時間以上装着して矯正を行います。基本的に食事と歯磨き以外は外して、それ以外の時間は装着しなければなりません。また、適応症例が限られており、軽度な症例に対応します。

 

ワイヤー矯正

どんな症例でも対応できる矯正方法です。歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を装着してワイヤーを通して矯正を行います。装置の種類も豊富で、白いブラケットや白いワイヤーで通常のワイヤー矯正よりも目立たずに矯正治療を行うことができます。

 

裏側矯正

歯の裏側にブラケットとワイヤーを装着するため、目立たずに矯正が行えますが、費用が通常のワイヤー矯正よりも高額になりがちです。裏側装置が装着されるため、慣れないうちは違和感があります。

 

 

 

・マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正は以下のようなデメリットがあります。

 

一日の装着時間は20時間以上

どのマウスピース矯正も1日20時間以上装着しなければならず、慣れるまでストレスが感じやすいです。また装着時間を守らないと、矯正効果が得られず治療が長期化します。

 

間食がしにくい

マウスピース矯正中は常に装置を装着しなければならず、間食の際は都度、外して食べなければなりません。また、歯を磨かずに装着すると虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

マウスピースを装着したまま飲み物を飲むことができますが、糖分が含まれている飲み物は避けておきましょう。また、お茶やコーヒーなど着色の強い飲み物を飲むと、歯やマウスピースに着色が付くため避けるようにしましょう。

 

 

<<まとめ>>

マウスピース矯正はメリット多い矯正方法ですが、デメリットもあります。治療を検討されている場合は、しっかり理解しておく必要があります。また、ワイヤー矯正と比較検討をし、最適な治療方法の選択をすることをおすすめします。

 

浦和駅 東口北口   徒歩1分 

医療法人社団 幸誠会 たぼ歯科医院 理事長 多保 学

お問い合わせ
一覧

西口院
メニュー

上に戻る