歯周形成外科 根面被覆術(結合組織移植術)

歯周形成外科 根面被覆術(結合組織移植術)

術前の状態、治療計画  

  • 歯周形成外科 根面被覆術(結合組織移植術)

 

 

 

 

患者 30代 女性 

主訴 下顎前歯の歯根の露出と知覚過敏を主訴に来院。

診査診断 矯正治療による歯根の露出と診断。

治療計画 口蓋より結合組織を移植し根面被覆術を予定した。

根面被覆術(結合組織移植術)

  • 歯周形成外科 根面被覆術(結合組織移植術)
  • 歯周形成外科 根面被覆術(結合組織移植術)
  • 歯周形成外科 根面被覆術(結合組織移植術)

根面被覆術(結合組織移植術)

口蓋から結合組織を採取し、露出根面に移植します。

まず、局所麻酔を行い歯肉に切開を行い歯肉を剥離します。

その後上あごより結合組織を採取し露出根面に縫合固定します。

その後切開した歯肉で覆い縫合固定し手術は終わりです。

7-0という縫合糸を使うので実際目には見えません。

拡大鏡というルーペを使用して縫合行います。

 

  • 歯周形成外科 根面被覆術(結合組織移植術)

 

 

 

 

手術後半年の状態です。

露出根面は被覆されました。

治療期間 4ヶ月程度

治療費 根面被覆術 12万円

 

根面被覆術(結合組織移植術)は非常に限られた条件でなおかつ術式を熟知していないと成功しない手術です。露出根面で悩まれている方、知覚過敏で悩んでいる方、当院に気軽にご相談下さい。

 

浦和駅徒歩1分 医療法人社団幸誠会 たぼ歯科医院 理事長 

歯周病学会専門医,アメリカインプラント学会専門医

多保学

 

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る