ダイレクトボンディング 右側1番

ダイレクトボンディング 右側1番

術前の状態、治療計画

  • ダイレクトボンディング 右側1番

 

 

 

 

患者 20代 男性 

主訴 歯牙の破折を自覚し来院

診査診断 ダイレクトボンディングにより審美性の回復を予定した。

 

ダイレクトボンディングシステム

通常保険治療では柔らかいCRという樹脂を歯科治療では使います。

ダイレクトボンディングシステムでは自費用の硬度、自然感の高いCR樹脂を使いその日に短時間でご自身の歯をもとどうりにできます。

CR樹脂と歯牙との境目も目立つ事がないので非常に患者さんには喜ばれています。

 

  • ダイレクトボンディング 右側1番

 

 

 

 

 

ダイレクトボンディング治療後2年の写真です。

 

治療期間 1日

治療費 ダイレクトボンディング 2万円

 

昔治療を受けたが歯と樹脂との境目が気になる方、すぐに樹脂の間から虫歯になってしまう方など、当院ではお悩みを受け付けておりますので気軽にご相談下さい。

 

浦和駅徒歩1分 医療法人社団幸誠会 たぼ歯科医院 理事長 

歯周病学会専門医,アメリカインプラント学会専門医

多保学

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る