ポーセレンラミネートベニア(PLV)

ポーセレンラミネートベニア(PLV)

術前の状態、治療計画

  • ポーセレンラミネートベニア(PLV)
  • ポーセレンラミネートベニア(PLV)
  • ポーセレンラミネートベニア(PLV)

患者 20代 女性 

主訴 歯並びが悪いので治したい。

診査診断 歯並びが悪いとこによる審美障害。

治療計画 矯正治療を進めたが時間の問題で断念。ラミネートベニアにて前歯6本を修復し歯列不正を治す予定とした。

術中の写真

  • ポーセレンラミネートベニア(PLV)

 

 

 

 

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは薄いつけ爪のようなものを歯の表につける方法です。歯の表面の一部エナメル質を少し削除しセラミックを貼付ける方法です。

現在は歯の一部も削除せず、貼付けるだけの方法もあります。

これらの治療法はきちんとした診査診断、治療計画が非常に重要です。

全ての患者さんに適用できるわけではなく、限られた条件の患者さんのみ適応できる方法です。

 

写真はエナメル質を一層削除した状態です。

 

術後

  • ポーセレンラミネートベニア(PLV)
  • ポーセレンラミネートベニア(PLV)
  • ポーセレンラミネートベニア(PLV)

術後7年目の写真です。

非常に安定した状態です。

患者さんは歌手の方でした。患者さんはPVの撮影があったため短期間での治療を希望されました。

最短で4回での治療が可能になります。

 

治療期間 2ヶ月程度

治療費 ポーセレンラミネートベニア6本 72万円

 

歯牙の色調で悩まれている方、歯列不正で悩まれている方、当院に気軽にご相談下さい。PLVは非常に繊細で難しい治療方法ですので、的確な診査診断が治療の成功の鍵となります。

 

浦和駅徒歩1分 医療法人社団幸誠会 たぼ歯科医院 理事長 

歯周病学会専門医,アメリカインプラント学会専門医

多保学

 
文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る