オールセラミック ブリッジ(ソケットプリザーベーション、オベイドポンティック)

オールセラミック ブリッジ(ソケットプリザーベーション、オベイドポンティック)

術前の状態、治療計画  

  • オールセラミック ブリッジ(ソケットプリザーベーション、オベイドポンティック)
 

 

 

 

 

患者 50代 女性 

主訴 セラミックの被せものが取れたと来院。

診査診断 歯根破折と診断。

治療計画 歯根破折の歯牙が抜歯をしてソケットプリザーベーションを行い、ブリッジにて修復を行った。

第1段階 ソケットプリザーベーション、オベイドポンティック 第2段階 ブリッジ修復前 ブリッジ修復後

  • オールセラミック ブリッジ(ソケットプリザーベーション、オベイドポンティック)
  • オールセラミック ブリッジ(ソケットプリザーベーション、オベイドポンティック)
  • オールセラミック ブリッジ(ソケットプリザーベーション、オベイドポンティック)

第1段階  抜歯+骨移植(ソケットプリザーベーション)

まず残存歯の抜歯を行い、骨移植(ソケットプリザーベーション)を行いました。ソケットプリザーベーションとは通常歯を抜歯すると抜歯後よりも骨のボリュームが減っていきます。その骨のボリュームの減少が起こると前歯のブリッジ治療を行う上で大ダメージです。

骨移植(ソケットプリザーベーション)はその骨の減少を最小限にしてくれると数々の論文では言われています。

ブリッジ修復予定の場合、オベイドポンティックをソケットプリザーベーションを行った直後に装着します。

 

写真はオールセラミックブリッジ修復直前、直後の状態です。

 
 

 

治療期間 6ヶ月程度

治療費 ソケットプリザベーション 12万円

    オールセラミッククラウン前歯部3本 45万円

 

前歯ブリッジの修復は非常に繊細な処置になります。審美性の観点からも前歯のブリッジの場合はソケットプリザーベーションをほとんどの症例で行っています。

前歯の保存が難しいと診断された方、当院に気軽にご相談下さい。

 

 

浦和駅徒歩1分 医療法人社団幸誠会 たぼ歯科医院 理事長 

歯周病学会専門医,アメリカインプラント学会専門医

多保学

 
文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る