歯根端切除術+骨移植術

歯根端切除術+骨移植術

術前の状態、治療計画

  • 歯根端切除術+骨移植術

 

 

 

 

 

患者 30代 女性 

主訴 鼻の下が膨らんでいることを訴えて来院

診査診断 むし歯により根尖部が感染して膿が根っこの先に溜まって嚢胞を形成している状態。

治療計画 感染根管治療を2本行い、その後嚢胞摘出手術を行い、同時に歯根端切除術+骨移植術を行う予定とした。その後ファイバーポストを入れオールセラミッククラウンにて最終補綴する予定とした。

歯根端切除術+骨移植術

  • 歯根端切除術+骨移植術
  • 歯根端切除術+骨移植術
  • 歯根端切除術+骨移植術

歯根端切除術+骨移植術

歯根にばい菌が入り根っこの先が感染して膿みの袋ができている場合、まず始めに第一選択として根っこの治療を行います。

その後症状が続いたり、嚢胞の縮小が期待できない場合は嚢胞を摘出し感染している根っこの先を切除する方法が取られます。

また嚢胞の大きさによりますが、嚢胞摘出後、欠損が大きくなる場合、同時に骨移植を行う場合があります。

 

今回の症例では嚢胞を摘出後、歯根の切除を行い、その後骨移植を行っています。骨移植材はFDBAという他家骨を使用してます。

切開線も術後歯肉退縮を起こさないように設定している。

最終補綴 オールセラミッククラウン

  • 歯根端切除術+骨移植術

 

 

 

 

 

前歯2本をオールセラミッククラウンにて修復した。

 

治療期間 6ヶ月程度

治療費 骨移植術 12万円

    オールセラミッククラウン前歯部3本 45万円

 

大きな嚢胞があり保存不可能と診断された方、歯の根っこに病気があるが歯内療法が不可能と言われた方など、当院ではさまざまなお悩みを受け付けておりますので気軽にご相談下さい。

 

浦和駅徒歩1分 医療法人社団幸誠会 たぼ歯科医院 理事長 

歯周病学会専門医,アメリカインプラント学会専門医

多保学

文字サイズ
小
大

048-7118241

上に戻る